手作りとわんこと時々オカメ
のんびりまったりの日常を綴ったブログです

生き物を飼うということ


てんちゃんがいなくなった悲しみや淋しさは なかなか消えませんが

少しずつ 気持ちの整理をつけなくてはと ブログ書こうと思います

1週間前の事 振り返ってみるのは辛いのですが

これを乗り越えないと 前に進めない気がします


あの日 私は一歩も外へは出ず ずっと家に居ました

それなのに てんちゃんの異変に気づく事ができませんでした

朝 いつもするようにてんちゃんの鳥かごカバーを外し

いつもと変わらぬてんちゃんの姿を見ました

ちょっとおかしいなって 今思えばなのですが

いつもリビングの掃除機をかける時 ネオまおをハウスにしまうので

てんちゃんを自由にしています

掃除機をかけている間 いつもなら肩に乗りにくるのですが

あの日は 扉を開けても 自分から出てきませんでした

今思えば その時にはもう 調子が悪かったのかもしれません

でも発情の時期や 機嫌が悪い時は 私に背を向け

鳥かごから出たがらない事もあったので 

今日は機嫌悪いのかなぁ…と思うくらいで あまり気にもしませんでした

考えても いつもと違ったのは これくらいなのです

てんちゃんの鳥かごは リビングにつながる隣の部屋に

ネオまおが入れない様に 仕切りをして 常に目線が送れる状態にしてありました 

私は あの日普段通り ダイニングテーブルで刺繍をして過ごしていました

てんちゃんが 暴れたり変な鳴き方をする事はありませんでした

でも 24時間つきっきりで見ていたわけではないので

小さな異変があったのかもしれません

そして夜 止まり木ではなく 下に敷いてある網の上で

冷たくなっているてんちゃんに やっと気づいたのです

最初は座っているだけなのかと思いました

それくらい 自然な姿だったのです

苦しんで くちばしをくいしばったり 背を反っているわけでもなく

本当に 座っているとしか見えませんでした

でも 体が冷たいんです 

それだけがいつもと違っていたのです


ブリーダーさんから譲り受けた時にいただいた書類を見ると

オカメインコの寿命は17年と書いてありました

でも てんちゃんはたったの2年半で天国へいってしまいました

私達家族に引き取られたてんちゃんは 幸せだったのでしょうか

今さらそんな事を思っても 仕方ないのですが

どうしても考えてしまいます


小さな体のてんちゃん

でも 私にとっては大きな大きな存在でした

ネオまおに負けないくらい 賢くて

ちょっとかまってあげないと いじけたりすねたり

私の肩の上が大好きでした

ほんとにほんとにかわいいわが子でした


生き物を飼うという事は 幸せなことばかりではなく

こうやって突然の悲しい事もあります

私 ちょっとひきょうな考え持っていたのです  

ネオまお てんちゃんの誰よりも 先に死にたいと思っていました

自分が送る側になるのは 悲しいからです

でも それは間違いですよね

自分の意思で家族に迎えたのだから

その子達を 最期まで責任持って見送るのが

生き物を飼うということの 責任なのですよね

ペットはペットと割り切って育てる事は 私にはできません

迎えたその日から 大切な家族 わが子なのです

後から迎えた家族でも 自分より先にいってしまうのは

すごく悲しい事なのですが

今ある命を大切に育て 最期のその時に

時間はかかるかもしれませんが 一緒にいてくれてありがとう…って

思えたら いいのではないかな…と思います

そう思えるのは 簡単ではないと思います

今はまだ てんちゃんにごめんねと後悔の気持ちしかありません

でも 少しずつ前に進んでいかなくてはなと思います

今回 皆様からいただいたコメントに

すごく心が救われました

てんちゃんへの心遣いしていただけた事に

とても感謝いたします

ありがとうございました

そして 今日は長々と書いてしまいましたが

最後まで読んでくださった皆様

ありがとうございました


にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ
にほんブログ村

 

スポンサーサイト

Comment

私も2ワン来る前に
アメショーを亡くしましたので
ゆきみんさんの気持ち、わかります
私の元で幸せだった?
って、問いかけたくなります。
でも、最後は私の腕の中で逝ってくれたので
切ないけど看取れて良かったって思ってます

あの時こうしていれば・・・なんて
沢山、後悔することもあるでしょうけど
てんちゃん、きっと幸せだったと思います
ゆきみんさん!元気だしてね。。
2011.10.19 22:41 | URL | アメショーなな #- [edit]
アメショーななさんへ
ななさんも、悲しいお別れ経験してるのですね…
生き物を飼えば必ずお別れの時がくるのは覚悟しているのですが
やっぱり辛いですよね・・・

ななさんのアメショーさんは、最期に腕の中で送られて
幸せだったと思います
てんちゃんも短い命だったけど、幸せだったと思っていてくれたなら
いいなって思います
2011.10.21 08:51 | URL | てづくるゆきみん #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://neolovemaolove.blog.fc2.com/tb.php/137-d89bd3ae
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。